sami blog

経験者だからこそ、今から婚約、結婚、新婚旅行、夫婦生活を考えている方々に伝えたい!少しでも幸せな人生を歩むために、知っておいてほしいことをお伝えします!

【その2】把握すべき結婚式までのスケジュール

投稿日:2017年7月12日 更新日:

 

こんにちわ!samiです!

今回は前記事の続きです!前記事の詳細はコチラから

【その1】把握すべき結婚式までのスケジュール

 

先回のおさらい。全体のスケジュールから

スポンサーリンク



結婚式までのスケジュール

  1. 2016年 7月中旬~ 結婚式場の選考と下見
  2. 2016年 8月中旬  結婚式場の予約
  3. 2016年11月中旬  入籍
  4. 2016年11月下旬  ドレス/タキシード衣装合わせ
  5. 2016年12月中旬  第一回結婚式打合せ
    結婚式までの大体のスケジュールと引出物一覧渡される
  6. 2016年 12月下旬  ペーパーアイテム制作開始
    招待状/ウェルカムボード
  7. 2017年 1月初旬  二次会会場下見
  8. 2017年 1月下旬  二次会会場決定
  9. 2017年 2月初旬  ドレス/タキシード決定
  10. 2017年 2月初旬  結婚指輪契約
    婚約指輪も同時に申し込み
  11. 2017年 2月中旬  第二回結婚式打合せ
    写真/撮影/装花/進行スケジュール
  12. 2017年 2月中旬  招待状の送付
    自作の招待状を用意
    <今回はココカラ>
  13. 2017年 3月初旬  前撮り予約
    4月中旬に予約
  14. 2017年 3月初旬  新婚旅行予約
    ハワイ旅行で5泊7日
  15. 2017年 3月初旬  二次会のお知らせ通達
  16. 2017年 3月中旬  第三回結婚式打合せ
    全体の進行/BGM
  17. 2017年 3月下旬  結婚指輪受け取り
  18. 2017年 3月下旬  結婚式小物合わせ
  19. 2017年 4月初旬  二次会の打合せ
  20. 2017年 4月中旬  引出物宅配の依頼
  21. 2017年 4月中旬  前撮り撮影
  22. 2017年 4月下旬  第四回結婚式打合せ
    全体の進行/司会者との打合せ
  23. 2017年 4月下旬  リハーサルメイク
  24. 2017年 5月中旬  搬入
  25. 2017年 5月下旬  結婚式/二次会
  26. 2017年 5月下旬~6月上旬 新婚旅行
  27. 2017年 6月上旬  内祝いの送付

前記事にも載せましたが、私のスケジュールは上記のような感じでした。

この記事では、赤マーカー以下の内容を記載していきたいと思います。

– 3か月前 –

3ヶ月前からはいろいろなことが同時進行してきます。

前撮り予約

私の場合、前撮りは式場では行わず、他業者さんを探してロケーション撮影いたしました。

理由は単純に・・・金額です!!

式場の撮影プランですと、ロケーション撮影で二十数万の料金設定だったのにもかかわらず、他業者さんを使うと同じロケーション撮影でも10万以下!

あと、私たちは前撮りの写真を結婚式に使いたかったので、3ヶ月まえに探し、1.5ヶ月前に撮影できるように調整していましたが、正直3ヶ月前でも遅いくらいでした。1.5ヶ月前に撮影したとしても、写真が上がってくるのに早くても1~2週間かかりますので、結婚式での写真の使用を考えている方は、私たちのように3ヶ月前とはいわず、もう少し前から予約を取ったほうがいいと思います。実際予約、ほとんど埋まっていました。

 

新婚旅行予約

私たちは、結婚式が終わって一週間後にハワイに新婚旅行を行く計画を立てました。三ヶ月前にいざ予約を取ろうとしても、なかなか予約は取れませんでした・・・。

3社ほど周り、ようやくオーダーメイドプランにて予約は取れましたが、危なかったです・・・。先に新婚旅行の休みを会社に申請していたので、取れなかったらどうしようとホント焦りました。

正直、新婚旅行は会社の休みに融通が利かないのであれば、早くに予約しておいた方が良いと思います。

私が思うに半年前くらいから探しても良いくらいだと思います。だいたいは1ヶ月くらいを切らないとキャンセル料が発生しないと思いますので、先に保険として取っておくことをオススメします。

3ヶ月前でも遅い!?新婚旅行の予約時期の落とし穴!

二次会のお知らせ通達

だいたい3ヶ月くらいを切ったら、今度は二次会のお知らせを送っていくと良いでしょう。

だいたいの人数を把握するために。ここで気をつけるべきことは、キャンセルがいつまで大丈夫なのか、を明確にしておくこと。そのキャンセルリミットの日付から一週間前までを締め切りとすることをオススメします。

また、予定が分かり次第回答が貰えるように・キャンセルはいつまでにと、二文添えておくと、人数の把握がよりしやすくなります。

あと、もしお知らせや人数を管理してくれる人がいるなら、できれば任せることをお勧めします。結婚式が近づいてくると本当に忙しくなります。任せられる人がいるならば甘えるのも良いと思います。ちなみに私たちは自分達で人数管理して、とても大変でしたよ・・・。

結婚式二次会会場の選び方。事前に知っておくべき7つのポイント!

第三回結婚式打合せ

第三回目の結婚式打合せでは、具体的な進行が固まり、BGM等も決定していきました。私たちは打合せは残り1回となりますので、このタイミングでほとんど決めていくこととなりました。

だいたいの見積もりもこの辺りで見えてきますので、ぞっとしている方も多いのではないでしょうか??

そう、私たちも、ものすごくぞっとしてました・・・。

詰め込みすぎちゃった結果、金額が上がってしまっているのであれば、ここから予算まで削っていかなければなりません。

私たちの場合は、初期240万ほどの見積もりから、一般的な結婚式の想像でプランを組んでいった結果400万の見積もりに膨らんでいました。

ここから、料理などのおもてなし以外をメインに装花を削り、写真を削り、ムービーを削り・・・いろいろなものを削ってようやく350万に落ち着きました。

他記事でお話もしましたが、見積もりは最低限しか組まれていないので、少し欲を出すだけで、どんどん見積もりは上がっていきます。

3ヶ月前の、まだ自分で制作したら間に合うくらい前の段階で、見積もりにはメスを入れていくことをオススメします。

 

結婚指輪受け取り

ここで結婚指輪の受け取りがありました。

特にこのタイミングの指定はありません。結婚式当日までに指輪はあれば良いので、結婚式までには用意しておきましょう。

ちなみに、結婚指輪はオーダーして直ぐに受け取れるものではないのでお気をつけください!

 

結婚式小物合わせ

ヴェールに関しては、見積もりの場合はショートベールでした。ロングベールにすると料金が上がりますのでお気を付けください。

ショートベールに関しては刺繍の種類は4つくらいありました。私はショートベール希望だったのと、ショートベールは金額が一律だったのでその中から選びました。

グローブを含め、体に身に着けるもの、肌着やメンズのシャツ等は実費で購入しました。見積もりには書いてなかったですね…。

別に式場で買わなくても、通販やショップで購入するのもありですね。かなり安く済みます。

アクセサリーについては、ティアラ、ネックレス、イヤリングがセットになっているものから選びました。もともとの見積もりのものはイミテーションのものなので、それを本物のブランドにしようとすると金額は上がります。

でも、イミテーションのものもクオリティは高かったので私はそこから選びました。あまりこだわらない人なら、イミテーションで十分満足できると思います。

挙式から披露宴に変わるときに、ヘアーアクセサリーを変更する場合、追加でアクセサリーが必要となりますので、その金額はプラスになりました。一度、式場にご確認いただくのが良いかと思います。

 

– 2か月前 –

二ヶ月前のこのあたりは、予定もいっぱいで、なおかつ結婚式の制作物のラッシュでした。私たちの場合は式3ヶ月前の3回目の打合せで、費用カットの為、自主制作物を一杯作ることにしたので、仕事終わりも休日もひたすら夫婦で工作してましたね!

二次会の打合せ

式3ヶ月前に二次会の案内を送ってだいたい1ヶ月くらいたちました。

このあたりで、だいたいの人数が把握できました。

この人数を元に、本当に会場で大丈夫か、どんなイベントを行うかの打合せを行いました。ひとつひとつチェックしていくのも良いですが、ある程度は幹事の方に予算だけ伝えて任せて決めてもらうのが良いかと思います。

2ヶ月前は本当に余裕がないので・・・。

引出物宅配の依頼

引出物宅配ってご存知ですか?

今、ヒキタクという名前で流行っている、引き出物を後日郵便で納品するサービスです。

コレ、私イチオシです!

もちろん私も利用させていただきました。

メリットとしては、結婚式場のマージンが取られないので、式場用意の引き出物よりも良いモノが送れる。

送料がかからないところが多い。

一次会後、二次会に参加される方の荷物にならない

デメリットとしては、お歳を召された方には馴染みのサービスではないので、確認が必要、といったところでしょうか。

私が実際に利用したところ、会社、友人、親族からとても良かったと評判の声をいただきました^^

もし頼むのであれば、1ヶ月前くらいには申し込んだ方が良いと思います。

申し込みの方法が、エクセルでズラッと引き出物の数量分名前住所を打たなければいけないので、これが結構時間がかかるので余裕を持って動けるといいですね。

結婚式引き出物。ヒキタクを使ってみた私の感想!

前撮り撮影

実際に他業者さんを使って感じたことを話したいと思います。

衣装については文句なし。ものすごい良かった訳では無いですが、全然満足できるレベルでした。小物も貸してくれるし、メイクもしっかり専属の方が付いてくれてよかったです。安い理由としては、おそらくカメラマンが雇われカメラマン。正直当たり外れがあると思います。私が担当してくれていたカメラマンさんは若かったですがとても良い人でした^^

私たちはロケーション撮影で予約し、運よく当日は晴れました。

しかし、雨の場合は室内での撮影ということでしたので、この点に関しては式場系列の前撮りのほうが良いですね。雨が降っても式場で撮影させてくれるそうなので。

でも他業者さんでも、日をずらすなどの考慮はしてくれるかもしれませんので、他業者さんに一度交渉してみるのもいいと思います。

第四回結婚式打合せ

実質最終の打合せがこの打合せ。2ヶ月前となっていますが、実質ほぼ1ヶ月まえでした。

ここで重要なのが、これまでプランナーさんと決めてきた内容を再度1から付け合わすこと。あります、ズレてるところ。

実際私たちもズレてて修正したところがあります。必ず確認しましょう。

ちなみにここが最後の打合せとなりますので、ムービーを制作された方はこのタイミングで再生確認があると思ってください。もちろん後日再生確認のためだけに式場に足を運ぶこともできますが、このタイミングで確認できるように進めたほうが安心です。

また、ゲストブックについても同様です。入稿はこの打ち合わせが終わってからでも大丈夫ですが、ミスが無いかプランナーさんにも目を通してもらうのがよいでしょう。

 

リハーサルメイク

リハーサルメイクを行う前に、やりたい髪型やメイクをご自身で探しておくと、当日スムースに進みます。画像があるとよいですね。できればいろいろな角度の写真があると良いです。これがあるかないかでは、納得の度合いが変わると思います。

当日は、納得いくまでいろいろ髪型を変えてくれますので、似合う髪型や流行りの髪型を聞いてみるのもいいですね。

気になったところはとことん聞きましょう。後れ毛の出し方など、自分のこだわりがあるところは、こだわりがあることをしかっかり伝え、徹底的に確認と刷り込みを行うと、あわただしい当日も納得いく髪型に仕上がります。

 

– 1か月前~当日 –

一か月前は怒涛の追い込みです。しかし、できる限り1か月前にはすべて制作関係は終わらせておくことをお勧めします。

私たちは結婚式2週間前にすべて制作関係は終わらせて、残り二週間で、旦那は謝辞、挨拶の原稿制作と読む練習をしていました。

私は、両親への手紙の清書と読む練習をしていました。

搬入

式の一週間前になると、いよいよ搬入となります。

持ち込んだものをプランナーさんと確認して、当日どういう風に扱ってほしいかの簡単な打ち合わせを行います。

指示書等を用意しておくと、思った通りに飾り付けしてくれるでしょう。

結婚式当日は、待合室含め、披露宴会場も確認することはできませんので、念には念をの意味合いを込めてです。

 

結婚式/二次会

もうここまできたら、なるようになるですねw

当日は、手紙系だけ押さえておけば大丈夫です。あとは、式場の人がエスコートしてくれますし、二次会は完全に緊張モードが溶けているので、だいたいは対応できるはずです。

朝は早起きなので、朝しっかり起きれるようにしておけば問題なしです!

– 結婚式後 –

結婚後にすることは片付けと…

楽しい楽しい新婚旅行ですね!!

新婚旅行

できれば結婚式2週間前(結婚式の準備が終わった段階)で必要なものをそろえておくとスムースです。

出発前には、結婚式や二次会でお世話になった方へのお土産のリストを作っておくとよいでしょう。

浮かれたくっている新婚旅行ではお土産を忘れがちなので、このリストがとても重宝されます^^

 

内祝い返し

これは結婚式が終わって、新婚旅行が始まる前に、リスト化することをお勧めします。新婚旅行のお土産を合わせて料金設定するとGOODですね。

半返しというのが一般的ではありますが、親戚の付き合い等もございますので、一度両親に相談してみるのが良いと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

私のスケジュールを追ってご説明さえていただきました。

結婚式は打ち合わせが始まってからあっという間に月日が経っていきます。

本当に自分がやりたい結婚式をするために、ちゃんとスケジュールを作って進めていくことが必要です。

私たちのところでは、やらなければいけないことを付箋で壁に貼って、終わったら剝がしていくという手法をとり、自分を焦らせて、やりたいことをほぼ2週間前までに終わらせました。

 

みなさんも素敵な結婚式を挙げられるように頑張ってください!

スポンサーリンク





-結婚関連
-, , ,

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

結婚式二次会のケーキはドーナッツタワーがオススメ!私の体験談!

「結婚式二次会で少し変わったものを用意したい!」 「ドーナツタワーが流行ってるけど実際どうなの?」   こんにちわ!samiです。   結婚式の二次会でもケーキを用意しますか??最 …

『結婚式』両親への記念品贈呈は花束が定番?それ以外は??

「結婚式の両親への記念品贈呈は花束で決まり!?」 「意外と知らないけど、今はいろいろな形があるんです!」   こんにちわ。samiです。 今日は結婚式の披露宴のクライマックスとも言える「両親 …

意外と知らない『デザイン婚姻届け』4つの選択肢と可愛い10のデザイン!

「婚姻届けってデザインがあるって本当??」 「婚姻届けは提出用と保管用があるって知ってる?」   こんにちわ!samiです!   今日は愛する人と共に生涯を寄り添う証明書、「婚姻届 …

大切なこと。新婚を機に保険に加入した20代の私の話。

こんにちわ! samiです!   保険のイメージって何でしょう。 私の場合、何かあった時のための先行投資。 何もなければそれでよかったし、何かあったら強い味方となるもの。   保険 …

入籍のタイミングはいつ?20代の私の話。

こんにちわ! samiです!   入籍っていつするのでしょうか。 同棲のタイミング? 結婚式直前? プロポーズされたら? カップルによってさまざまです。 今日は入籍のタイミングについての話を …

< スポンサーリンク >


自己紹介

sami (さみ)
1990年生まれ。
趣味はイラスト・ ドラマ・映画鑑賞。

現在はお仕事をしながらWEBサイトについて勉強中。2017年に結婚。結婚するまでにたくさんのこと、感じ、学びました。後悔もたくさんしました。だからこそ、これから結婚する人に伝えたい、知って欲しい。
私がやり直したいと思ったこと!

詳しいプロフィールはコチラ