sami blog

経験者だからこそ、今から婚約、結婚、新婚旅行、夫婦生活を考えている方々に伝えたい!少しでも幸せな人生を歩むために、知っておいてほしいことをお伝えします!

結婚式のウェディングドレス衣装合わせの流れを知っておこう。5つの事を事前に確認必須。

投稿日:2017年8月21日 更新日:

「結婚式と言えば、ウェディングドレス!」

「プリンセスライン?マーメードライン?Aライン?エンパイア?」

 

こんにちわ、samiです!

結婚式といえば女性の憧れ、ウェディングドレス
やっぱり晴れ舞台ですからね。このウェディングドレス選びに時間をかける人は多いと思います。

結婚式の打ち合わせの一環である、衣装選びの時間は有るようで無いんです。

事前にある程度想像しておいた方が、ご自分の納得いくウェディングドレスを選ぶことができるので、先に確認しておいた方が良いことをこの記事では書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



衣装合わせの流れ

 

結婚式場を決めると、プランナーさんから衣装合わせの打ち合わせの日程について話があります。

衣装合わせは、結婚式の打ち合わせの中でも早い段階で行われることが多いです。

その為、式場を選ぶことに注力していた方は、予習なしに衣装合わせの日程を迎えてしまうことも多々。気にしておいたようが良いと思います。

金額について

ちなみになんですが、ウェディングドレスのレンタル料金を見積もりの段階で0円になるように割引してもらっている人は注意。

例えば、ウェディングドレス-198,000円となっている方。

 

プラス5万くらいは必要だと思ってください。

見積もりの基本料金で提示されている(割引されている)金額はウェディングドレスの最低金額です。

その金額で、選択肢は無いと思った方がいいです。
実際には、ある程度の想像するウェディングドレスは3~7万くらいプラスのドレスです。

ウェディングドレスを決めるタイミング

ウェディングドレスを最終決定するタイミングは2、3回あります。

ちなみに私の場合。

  1. 初回衣装合わせ⇒チェンジ可能
  2. 旦那タキシード衣装合わせと一緒に打ち合わせ⇒チェンジ可能
  3. 小物合わせの打ち合わせ⇒チェンジ可能
  4. 最終フィッティング⇒チェンジ不可

これは式場によって変わると思います。ちなみに初回衣装打ち合わせのタイミングで気に入らなければ、2回、3回と希望すれば衣装合わせを行ってもらえます。

しかし、できることなら、早めに決断することをオススメします。

例えば一番最初に着用したウェディングドレスを2回、3回目の衣装合わせのタイミングでやっぱり一番目のウェディングドレスを…

と思っても、すでに予約が埋まっているケースがありますからね、衣装合わせを複数回行うのは、気になるウェディングドレスが貸し出し中で初回打ち合わせのタイミングで着れなかった場合のみにするとスムースかと思います。

ちなみにフィッティングの時間ですが、ウェディングドレス選択に30分くらい。フィッティングに1着20分くらいかかりました。

選択の時間も含めて2時間で3~4着の試着ができると考えておいた方が良いと思います。

 

ウェディングドレス衣装合わせ5つの事前確認事項

1.ウェディングドレスの形を決めておく

Aライン

人を選ばないドレスとして、昔から人気のタイプのAライン。

アルファベットの「A」のように見える事からAラインという名前ができたそうで、ウエスト位置が高く、裾にかけて徐々に広がっていくシルエットが特徴です。

プリンセスライン

スカートにボリュームを持たせたディズニーのプリンセスを思わせるラインが特徴のプリンセスライン。 こちらも、どんな人にも合うシルエットが人気のウェディングドレスです。

スレンダーライン


全体のシルエットが細いのが特徴のスレンダーライン。身体のラインがもろに出やすいウェディングドレスなので結構身体に自身がないと着こなすのは難しいドエスですね。私は無理かな…^^;

エンパイアライン


胸から下が切り替えしになっており、スカートの始まりが強調されているシルエットのドレス。 妊婦さんが好んで選ぶドレスで、自然なスタイルを演出します。

マーメードライン

スレンダーラインよりも身体のラインが強調されるマーメイドライン。人魚の尾ひれのようなシルエットのため、マーメイドという名前が付いたようです。 エレガントさが一番な印象的なデザインですが、着こなすのは難しく、身長の高い、モデル体型の女性によく似合うみたいです。

 

他にも、ミニや長袖などいろいろなタイプがあります。

自分はどのような種類のウェディングドレスを着たいかを、ざっくりとでも良いので決めておくと良いでしょう。

衣装合わせ当日も、迷うことは無いと思います。

2.カラードレス(衣装チェンジ)のイメージを持っておく

ウェディングドレスを選ぶ場合は、カラードレスも意識しておくのが良いと思います。

カラードレスをどんな感じのものにしたいかによって、ウェディングドレスのデザインも変わってくる可能性があるからです。

 

例えば、カラードレスはフワッフワのガーリーな感じにしたい場合、ウェディングドレスは、ちょっと大人っぽいデザインにしたいなぁ…とか。

ギャップを持たせたい方が多いと思うので、そこまで想像した上でウェディングドレスを選べるとグッドですね!

3.髪型(ヘアアレンジ)を考えておくこと

髪型については後に別で打ち合わせを行いますが、ウェディングドレスとの相性があるので先にある程度決めておいた方がいいです。

アップ?ダウン?編み込み?

結婚式当日に憧れの髪型があるのであれば、それに合わせたウェディングドレスと想像すると決めやすいと思います。

4.会場のイメージを掴んでおく

全体のウェディングドレスのシルエットも大切ですが、+αで気にしておいた方がいいのが会場のイメージ。

自分がやりたい装飾に合わせてドレスを選択するのもグッドです。

また、会場が広い狭いなども把握しておくと結婚式当日の演出に困らないです。

5.購入必須の補正下着との相性を確認しておく

結婚式場指定のドレスショップで購入する方は問題ありませんが、他で補正下着を購入する方はウェディングどれすからはみ出さないかどうか確認しておく必要があります。

補正下着を事前に下調べしない方は、ほとんど式場で購入することになると思います。ちなみに私も式場で購入しました。

価格を先に把握しておくと良いと思います。

(↑3000件以上のレビューのあるインナー↑)

心配な方は、ドレスショップで買うことをオススメしますよ!

まとめ

結婚式の衣装は結婚式場で借りる事が定番となっていますが、今は購入も流行ってるみたいです。

かなり安いようなので一度価格帯を確認しておくと良いかと思います。


↑こんな感じのドレスを3万円台で販売しているショップ様

 

ご参考にしていてください!

 

以上!samiの結婚式の衣装合わせについての記事でした!最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク





-結婚関連
-,

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

結婚式引き出物。ヒキタクを使ってみた私の感想!

「引き出物のグレードを上げたいけど予算は上げたくない!」 「ヒキタクって実際どうなの?安心できない」   こんにちわ!samiです。 今日は今結婚式の引き出物で人気の「ヒキタク」についてのお …

入籍のタイミングはいつ?20代の私の話。

こんにちわ! samiです!   入籍っていつするのでしょうか。 同棲のタイミング? 結婚式直前? プロポーズされたら? カップルによってさまざまです。 今日は入籍のタイミングについての話を …

結婚式前のダイエットのオススメ。私は食べても痩せる。

「ウェディングドレスを綺麗に着たい。」 「一生に一度の晴れ舞台を一番ステキな姿で写真に残したい。」   こんにちわ。samiです。 今日の記事は結婚式前のダイエットについてのお話し。 &nb …

低コストでオリジナリティあふれるプチギフト!私は自作キスチョコを用意しました!

「プチギフトは式場で頼む?自分で作る?」 「どんなものがゲストに喜ばれるの?」   こんにちわ!samiです! 今日はゲストに喜ばれるプチギフトのお話。 プチギフトはゲストに「今日は来てくれ …

私が結婚式前に“喧嘩”になった原因ベスト5

こんにちわ samiです。   喧嘩なのにベストってちょっとおかしいですね・・。 結婚式前の喧嘩って本当に焦る。気持ち的な部分と、時間的な部分で。 喧嘩している時間があるなら結婚式準備してた …

< スポンサーリンク >


自己紹介

sami (さみ)
1990年生まれ。
趣味はイラスト・ ドラマ・映画鑑賞。

現在はお仕事をしながらWEBサイトについて勉強中。2017年に結婚。結婚するまでにたくさんのこと、感じ、学びました。後悔もたくさんしました。だからこそ、これから結婚する人に伝えたい、知って欲しい。
私がやり直したいと思ったこと!

詳しいプロフィールはコチラ